CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
PROFILE
NYARAN
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECOMMEND



OTHERS


SPONSORED LINKS

買うのは文庫本が基本。
図書館の返却期限を恨んでいるため、古本屋の価格を愛す。
好きな作家以外に“目が合って”買ってしまった本や料理本のリスト。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



| - | | - | - |
久し振りのアップ

9・10月とパソコンから遠ざかってました。
またボチボチ読書メモをアップしようと思います。

手始めに<現在、読んでる。または積読中の本>
『パパラギ−はじめて文明を見た南海の酋長ツイアビの演説集−/岡崎照男・訳/立風書房』
『私を変えた一言/原田宗典/集英社文庫』
『愛が理由/矢口敦子/幻冬舎文庫』
『ガラス張りの誘拐/歌野昌午/角川文庫』
『トウキョウソナタ/田中幸子/竹書房文庫』
『天使のナイフ/薬丸岳/講談社文庫』

『愛が理由』から未読です。
『ガラス張りの誘拐』は友人から借りた『葉桜の季節に君を想うということ/文春文庫』が面白かったので、買ってみました。
『パパラギ』実は、買ったのは20年位前(^^;;)買ってから一度も読まず、でも、処分もせず本棚に寝かせてあったのですが、『イーグルに訊け インディアンに学ぶ人生哲学/天外 伺朗 ・衛藤 信之/ソフトバンク文庫』を読んだのをキッカケに読み始めました。
8〜10月にかけて、目に付いた本を買ってるのですが、漫画以外は見事に積読になってます。
“読書の秋”は、これからかな・・・。

JUGEMテーマ:本の紹介
 


| 読書中 | 19:21 | comments(10) | - |
今、読んでいる本

読み掛けメモ。

伊坂幸太郎『グラスホッパー/角川文庫』
高里椎奈『銀の檻を溶かして/講談社文庫』

ちっとも読み進まない。

JUGEMテーマ:本の紹介




| 読書中 | 09:43 | comments(0) | - |
3〜7月迄に読んだ本

他にも読んでいるけれど、本棚にある本から拾ってみました。


<小説>
『いつかパラソルの下で/森絵都/角川文庫』
『償い/矢口敦子/幻冬舎文庫』
『心霊探偵八雲シリーズ1・2/神永学/角川文庫』
『優しい音楽/瀬尾まいこ/双葉文庫』
『それでも、警官は微笑う/日明恩/講談社文庫』
『鎮火報−Fire's Out−/日明恩/講談社文庫』
『神々の遺品/今野敏/双葉文庫』
『海に消えた神々/今野敏/双葉文庫』
『新装版 東京リラックス/太田垣晴子/MF文庫ダ・ヴインチ』
『チーム・バチスタの栄光(上)(下)/海堂尊/宝島社文庫』
『−刑事 雪平夏見−アンフェアな月/秦建日子/河出文庫』


<漫画>
『聖☆おにいさん1・2/中村光/講談社 モーニングKC』
『リストランテ・パラディーゾ/オノ・ナツメ/太田出版 fx COMICS』
『リストランテの人々〜1・2/オノ・ナツメ/太田出版 fx COMICS』
『GENTE〔ジェンテ〕〜リストランテの人々〜1・2/オノ・ナツメ/太田出版 fx COMICS』
『Danza〔ダンツァ〕/オノ・ナツメ/講談社 モーニングKC』
『Tesoro テゾーロ オノ・ナツメ初期短編集/オノ・ナツメ/小学館 IKKI COMICS』
『さらい屋五葉/オノ・ナツメ/小学館 IKKI COMICS』
『オトノハコ/岩岡ヒサエ/講談社 KCDX Kiss』
『土星マンション/岩岡ヒサエ/講談社 IKKI COMICS』
『きのう何食べた?1/よしながふみ/講談社 モーニングKC』
『そこをなんとか1/麻生みこと/白泉社 HC SPECIAL』
『3月のライオン/羽海野チカ/白泉社 JETS COMICS』
『この度はご愁傷様です/宮本福助/講談社 モーニングKC』
『拝み屋横丁顛末記10/宮本福助/一迅社 ZERO-SOM COMICS』


それぞれの本の感想は、機会があれば書こうと思います。
あ。1冊だけは今、書きます。
『聖☆おにいさん1・2/中村光/講談社 モーニングKC』
最近はシュリンクされている為、漫画は立ち読みできませんが、この本は、仮に立ち読み出来たとしても、公衆の面前で大笑いする可能性がある・・・つまり、立ち読みできない面白さ!
最近、笑いの足りない人にお薦めです!!
私はこの本が平積みされていた所で“お試し版”を読んだのですが、耐え切れずレジに走りました。

それにしても、久し振りに漫画をよく買ったなぁ。
オノ・ナツメ、岩岡ヒサエは今年に入って知った漫画家。
オノ・ナツメは“リストランテ・パラディーゾ”、岩岡ヒサエ“オトノハコ”がキッカケで、大人買い(苦笑)
因みに小説も漫画も、棚に収まりきらなくなると、潔く古本屋へ売ってしまう(実際、この期間に買って既に手元に無い本もある)のですが、最近は、それでも収まりきらなくなってきていて困ってます。


JUGEMテーマ:本の紹介




| 読了 | 08:34 | comments(0) | - |
図書館で借りた本

先日借りて、無事、期間内に読了できた本。


『赤い鳥は館に帰る−有栖川有栖エッセイ集−/有栖川有栖/講談社』
『ホテルジューシー/坂木司/角川書店』
『先生と僕/坂木司/双葉社』


『ホテルジューシー』、姉妹本(?)の『シンデレラティース』より主人公に共感しやすかった。もっとも『シンデレラティース』の主人公も、主人公が成長していく過程で、好ましくなっていったけれど。
『先生と僕』は坂木司流『円紫さんシリーズ/北村薫』と言うところかな。
2作目が楽しみです。


JUGEMテーマ:本の紹介




| 読了 | 09:07 | comments(0) | - |
久し振りの更新

気が付いたら大分、間が空いてしまいました。
最近、SNSを始めたので、そちらとこちらの記事がこれからはダブる感じになると思います。(これをキッカケに、更新頻度が上がると良いなぁ)

1日1回は本屋に寄らないと落ち着かない私。
今日も時間も無いのにフラフラと、買い物帰りにスーパーの隣にある本屋へ。
気が付いたら、目に付いた文庫新刊を手にレジで会計してました。
以下、買った本。


『容疑者Xの献身/東野圭吾/文春文庫』
『かもめ食堂/群ようこ/幻冬舎文庫』


どちらも映画化作品の原作ですね。
『容疑者Xの献身』は、なかなか図書館で借りられず、文庫化を待ってました。
ドラマが楽しめたクチなので(わざわざ観には行かないけれど)映画も楽しみです。
『かもめ食堂』は既に図書館で借りて読んでますが、つい買ってしまいました。
この作品は、元々「映画の為の書き下ろし」なせいか、映画の方が好きです。
けれど、「DVDがなかなか買えないよ〜」という思いから、思わず買いに走ってしまいました(苦笑)

読み掛けの本が多い中、この2冊が読み終わるのは、いつになることやら・・・

JUGEMテーマ:本の紹介




| 原作本 | 08:27 | comments(0) | - |
別冊宝島「本気でしぼれ!体脂肪」

最近ヨガに行けてないし、体調も悪いし・・・と、古本屋さんで105円(税込)で購入。
この本は最初に、痩せやすい体を作るための『体の歪みチェック』があるのですが、20項目全部に当てはまって愕然!!
これじゃぁ『歪み調整エクササイズ』を1日中やっても終わらない!というより、自力じゃどうにもならんでしょう・・・と、次の日、整体へ。
因みに整体後、再度『体の歪みチェック』をしてみたら、20項目全てクリア。
整体ってスゴイなぁ。
後は、この体を維持する為に、この本の『柔軟性を高めるエクササイズ』やヨガを地道にやろうっと。
目指せ!スッキリな体!!


JUGEMテーマ:本の紹介




| 目が合った本 | 20:39 | comments(0) | - |
幕内秀夫 病気にならない食べ方 (主婦の友新実用BOOKS) (主婦の友新実用BOOKS)

JUGEMテーマ:本の紹介

その昔、保育園を探していた頃、「息子が卵アレルギーと牛乳アレルギーなので除去食にして欲しい」と、お願いしたところ、心無い事を言われたことがありました。
それは世間一般の本音だったと思いますが、当時は随分、堪えたものです。
そんな風に落ち込んでいた時、この人の書いた『粗食のすすめ』を読んだのですが、「牛乳や卵が食べられなくても問題ないじゃん」と思えて、随分、気が楽になったものです。
体が成長すると共に、息子は牛乳も卵もOKになりましたが、「ここのところ暴飲暴食してるな〜」と思うと、この本を広げて献立の参考にしてます。
ただ、この献立通りだと、夕飯は少々物足りないので(苦笑)肉料理を足したりしています。




| 料理本 | 18:31 | comments(0) | - |
恋愛映画のように、は (Wings comics)

評価:
菅野 彰,山田 睦月
新書館
¥ 546
(2004-10)
JUGEMテーマ:おすすめの漫画

菅野彰を紹介したので、繋がりでこの人も紹介。
以前から山田睦月が好きで読んではいたのですが、菅野彰原作のこの話が、何だか凄く良かったのです。
続くコラボ作品、『デコトラの夜』も良いです。
勿論、オリジナル漫画も好きな作品ばかり。
『水と器』は続編描いて欲しいなぁ。




| 漫画本 | 20:50 | comments(0) | - |
海馬が耳から駆けてゆく

評価:
南野 ましろ,菅野 彰
新書館
---
(1998-04)
JUGEMテーマ:本の紹介

この人を知ったキッカケは、山田睦月という漫画家とのコラボ作品。
そこで妹Yに「菅野彰の本持ってない?」と、聞いたら「小説も良いけど、エッセイが物凄く面白い」と、この本を貸してくれたのでした。
文庫も出てます。ぜひ、笑って下さい。




| 好きな作家 | 20:39 | comments(0) | - |
センセイの鞄 (文春文庫)

評価:
川上 弘美
文藝春秋
¥ 560
(2004-09-03)
JUGEMテーマ:本の紹介

以前、持っていた本は処分してしまったのだけど、文庫を見たら懐かしくて思わず購入。
(画像が無くて寂しかったので、文春文庫の画像になってます。買ったのは新潮文庫)
私は食事をするシーンに結構、弱い。
この本も、ツキコさんとセンセイのやり取りもさることながら、カウンターに置かれる酒の肴が美味しそうで(お酒が飲めないのが残念)読んでいて楽しかった。
再読してもやっぱり、居酒屋シーンが好きだと思いました。
因みに続編『パレード』の素麺のシーンも好きです(笑)



| 目が合った本 | 16:38 | comments(0) | - |