CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
PROFILE
NYARAN
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECOMMEND



OTHERS


SPONSORED LINKS

買うのは文庫本が基本。
図書館の返却期限を恨んでいるため、古本屋の価格を愛す。
好きな作家以外に“目が合って”買ってしまった本や料理本のリスト。
<< 飛田和緒のひとりごはん日記 (講談社のお料理BOOK) | main | 海馬が耳から駆けてゆく >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



| - | | - | - |
センセイの鞄 (文春文庫)

評価:
川上 弘美
文藝春秋
¥ 560
(2004-09-03)
JUGEMテーマ:本の紹介

以前、持っていた本は処分してしまったのだけど、文庫を見たら懐かしくて思わず購入。
(画像が無くて寂しかったので、文春文庫の画像になってます。買ったのは新潮文庫)
私は食事をするシーンに結構、弱い。
この本も、ツキコさんとセンセイのやり取りもさることながら、カウンターに置かれる酒の肴が美味しそうで(お酒が飲めないのが残念)読んでいて楽しかった。
再読してもやっぱり、居酒屋シーンが好きだと思いました。
因みに続編『パレード』の素麺のシーンも好きです(笑)



| 目が合った本 | 16:38 | comments(0) | - |
スポンサーサイト



| - | 16:38 | - | - |